僕の経験を生かしてください!

このエントリーをはてなブックマークに追加 

 

僕の増毛失敗談はこちらのメニューから 

 

 

10代ですでに『つむじ薄いよね!』と言われ続け、20歳半ばを過ぎたころから抜け毛が多くなって悩んでいました。『このままではツルツルのハゲになってしまう!』と思い、必死になって高級な育毛剤を試していたのです。しかし当時の育毛剤は気休めでした。

 

ずっと悩んでました

 

まったく変化がなかったので、今度は身体の内側から改善しようと思い、育毛効果のあるサプリメントも試してみました。  

 

飲んでも頭髪に効果ほとんど見られません。逆にスネ毛が濃くなったのと、今までなかった胸毛が生えてきた 笑笑

 

当時は本当に良い育毛剤が無く、101なんていう中国の怪しい育毛剤も流行りました。他の育毛剤もアルコール成分の多い【スー!】とするだけのパッとしないものばかり。効果があったのか無かったのか・・・。

 

海やプールで気持ちよく泳ぎたかった!

 

他の人から見れば『大丈夫、まだハゲまで行ってないから・・・』と慰めてくれますが、頭頂部は地肌が透けて見えました。もっと髪の毛が欲しかった。髪の事気にしないで、彼女と海に行きたかったんです・・・

 

こんな風にしたかった・・・

 

先に結論を言います。毛髪細胞再生医療が確立するのはまだ数年先です。2018年現在ではAGA治療自毛植毛がオススメ!です。この後も読んでもらえば分かってもらえると思います。

 

 

 

感覚でいうと、『一生コンタクトレンズか、おもいきってレーシックにするか?』の感じでしょうか?

 

あくまでも感覚的な話ですからね!

 

使い捨てコンタクトで年間5万円とか使うんなら、20万円とか出してレーシックした方が?という人も多いかと思います。カツラとか増毛で毎月お金を使うなら、思いきって植毛とかAGAの医療行為を受けた方が、結果的にお得なのでは?

 

同じ悩みをお持ちのあなたに、失敗して欲しくなので役立ててください。

 

 

 

 

価格で増毛に走った事が失敗だった!

僕の薄毛改善人生は、かなり失敗の連続でした。まぁお金たくさん使いました。レクサスが一台余裕で買えるくらい・・・。

 

自分の場合は低予算で済まそうとした事もあり、簡単に隠せるカツラ→増毛に行ってしまったのが散財の原因です。

 

今思えば、最初から育毛【AGA】とか植毛にすればよかったんだけど、悩み始めたのは20年以上前。当時はAGAなどと言う言葉すらなく、唯一の自毛植毛も今よりも植毛技術が劣っていたように思います。

 

 

 

植毛も選択肢にいれました

 

自毛植毛って手段も考えました。しかし正直怖かったんです。後頭部の皮膚を切り取って、植毛とか手術する勇気がなかったんです。

 

なんと言っても植毛は医療行為ですし、100万円ほどのお金が必要であり、万が一失敗されたらどうしよう?という状況でした。

 

ですので手軽で安心のカツラから始めることにしました。当時はまだ頭頂部だけだったので、カツラなら失敗なさそうだし、比較的安く髪の毛が増やせると思ったのです。でもこれが失敗だと思っています。

 

 

 

カツラとか使ったことある人なら分かると思います。カツラって一つじゃすぐ壊れちゃうんです。交互に使うように、最低二つは無いと壊れたらその日にハゲがばれます。笑 

 

また汗のニオイなどもあり、クリーニングなど月々のメンテナンス費用もバカにならない。そういった事から、薄毛で悩んでいる人は1000万円くらい使った人もザラにいます。

増毛に失敗しないために。

 

増毛に失敗しないために大切なことは、自分が最終的にどのレベルまでに仕上げたいのか?を明確にすることです。そこから増毛が良いのが育毛が良いのかが変わってきます。

 

どんな方法の増毛にするにしても、お店や会社の方針を理解しておかなくてはいけません。サロンのコーディネイターとの意思疎通を行うことも重要です。

 

今のあなたの薄毛の進行度は?

 

最終的にどこレベルにするのもそうですが、あなたの薄毛の進行度はどのくらいですか?その進行具合によって費用や方法も変わってきます。

 

薄毛の進行具合をみる指標として有名なものに『ハミルトン・ノーウッド分類』というのがあります。

 

この『ハミルトン・ノーウッド分類』の名前の由来は、ハミルトンさんとノーウッドさんが作成したそうですが、分かりやすいのであちこちで見受けられます。

 

引用:https://norwoodscale.com/

 

ちなみに日本人に多いのはTypeUのM字ハゲと、この図には無いですがTypeTとTypeWを組み合わせた『ザビエルハゲ』が多いようです。

 

M字ハゲとザビエルハゲの初期でしたら、AGA治療で効果が期待できますが、これをすぐに隠すならばカツラが必要です。

 

 

すぐに欲しい?一生欲しい?

 

あなたが、「短時間でたくさんの髪の毛が増やす!」のならば、カツラや増毛を考えてください。大抵の育毛【AGA治療】は最低でも半年以上掛かります。すぐに隠したいのであればカツラや増毛しかありません。

 

増毛や植毛の料金は本数によって金額が高くなります。技術についても増毛・植毛の方法によっても異なってきます。

 

ピンポイント増毛なんてのもありますが、あれはオススメしません。カツラでも編み込み式がオススメです。編み込み式とは自毛に糸をくくりつけて、そこにネット上のカツラを編みこんでいく増毛の仕方です。これなら蒸れたりしません。

 

出来れば自分の髪が欲しい?

 

多少時間が掛かっても自分の髪が欲しい!と言う方にはAGA治療や自毛植毛が良いかと思います。

 

毛髪細胞再生技術の報道で、『自分の細胞を培養して髪の毛が再発する!』と期待されている方も多いかと思いますが、再生技術が確立されて、一般の私達まで浸透してくるにはあと五年は掛かりそうです。

 

いま薄毛で悩んでいる方が5年も放置したら完全なハゲになります。せめてAGA治療を始められた方が良いかと思います。

 

 

かつらのページはこちら

 

編み込み式かつらのページはこちら

 

ピンポイント増毛はこちら

 

育毛のページはこちら

 

あなたに合った増毛はこれ!

 

増毛に失敗した場合、保証が無ければお金は戻って来ません。ましてや、そのために費やした時間ももったいないですよね。

 

じっくりと考えてサロンに行ったら、しっかりと説明を聞いたりしましょう。自分が納得していないのに、その場でクロージングしてくるようなサロンは一旦断って帰るようにしましょう。

 

自分自身でも出来ること(マッサージなど)は行うようにして、髪の毛に良いものを摂取したり育毛剤を使うなど、諦めてはいけないという気持ちを強く持つようにしましょう。

 

 

1、なるべく安く、すぐにハゲを隠したい。

 

これはカツラですね。カツラは一度作ってしまえば、自分の好きな時に取り付けて、好きな時に外せます。

 

詳しくはカツラのページをご覧ください。

 

 

2、風ではずれない、水に入りたい。

 

でしたら、編み込み式のカツラですね。テープタイプは風に強いですが、水に濡れるとちょっと不安です。

 

水から上がった時、カツラがズレてたら、どうにもなりませんから・・・。

 

詳しくは編み込み式のカツラのページをご覧ください。

 

 

M字ハゲを隠したい。

 

これはテープ式のカツラか自毛植毛でしょう!

 

テープ式のカツラは、近くで見なければ、生え際もわかりにくいので、早く隠したい人には有効な手段だと思います。

 

一方、自毛植毛は手術から定着するまでに、半年〜一年ほど掛かりますが、自分の髪が生えてくるという嬉しさは、何ものにも代えがたいものです。

 

↓↓詳しくはこちらから↓↓

 

テープ式かつらはこちらから

 

AGA治療に関してはこちら

 

自毛植毛はこちらから

いまならAGA治療か植毛を

 

オススメはAGA治療と自毛植毛です。何回も言いますが、最初からこれにすれば良かった。

 

やはり確実に髪の毛を増やすには、AGAと植毛です。これも金額がかかりますが、効果のない育毛剤やサプリよりも絶対に効果があります。

 

カツラを経験したことのある人ならわかる思いますが、あの 『誰かを!そして自分を騙してる・・・』 感が何とも言えないんですよね。

 

常にやわらかいヘルメットをかぶってるようなあの感じ。

 

AGA治療に関してはこちら

 

自毛植毛に関してはこちら

 

髪が戻ると性格も変わる

 

髪の毛が少しずつでも元気を取り戻して行ってくれたら、自分自身も明るい性格でいられるようになりました。自分自身では何も変わらずに生活をしているつもりですが、生活環境や食生活によるストレスで髪の毛は抜けたり元気が無くなってしまいます。

 

気持ちを改善してあげることで容姿を気にしなくていいようになりましたし、もっと自分自身を大切にしてあげたいという気持ちが強くなりました。増毛に失敗しないために、インターネットの口コミや体験談と言うものは読んでおいてよかったと思います。

 

増毛は植毛などと違い、失敗したとしてもまだある髪の毛をしっかりと育てることは出来ます。失敗を恐れずにいろんなことに挑戦していきたいです。

 

 

僕の失敗体験はこちらから

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ページの先頭へ戻る