どんなに高級で良いカツラを購入したとしても、セットがきちんと出来ていなければ、不自然で意味をなしません。

 

では、どのようにセットすれば、違和感なく使用出来るのでしょうか。

 

自宅での簡単なヘアセットをご紹介しましょう。

 

先ず第一に、分け目を自然な形にしましょう。目の細かい櫛を使って、きっちり分け目をつけるとそこだけ不自然になります。

 

また、その事によって、分け目部分の毛が抜けてしまい、傷みが早くなります。

 

ですので、フロント生え際に向かって、少し毛の流れを作りながら、分け目をぼかし、毛の中間くらいからサイドへ流すように分けると良いでしょう。

 

また、生え際があるカツラの場合は生え際をぼかす事が肝心です。

 

根本から一直線に上げてしまうと、フロントラインが見えてしまいますので、一目でカツラと分かってしまいます。

 

地毛とカツラを馴染ませる

 

そして何よりも肝心な事は、地毛とカツラを馴染ませる事です。髪の毛とカツラが重なる部分は毛ブラシ等を使って、しっかり馴染ませましょう。

 

そのままですと、毛の密度や色の違いからカツラが目立ってしまいます。

 

またその中でも重要なのは、もみあげの部分です。カツラの毛全てをバックに流してしまうと、地毛とカツラの毛の密度か異なる為、不自然な段差が出来てしまいます。

 

一旦下へ流してから、一部のカツラをバックへ流せば、自然な形になります。

 

カツラは人口毛で作られていますので、地毛と違い耐熱性が低くなっています。

 

カツラにもよりますが、出来るだけ長時間のドライヤーは使用しないようにしましょう。