増毛に挑んでみた

次にやったのは、増毛

 

たしか別のA社のM−プでした。その増毛方法とは、自分の髪の毛の根本に数本の人工毛を結びつけます。一本の毛が三本になる。

 

こんな感じ

 

メリット

 

1、その日のうちに見た目が増えます。しかもなにげなく。

 

2、カツラのように蒸れない。

 

3、ズレない。

 

4、水にはいるのも平気。

 

 

デメリット

 

1、髪が伸びると、結び目が動いて不自然になる。

 

2、月に一回ほど、サロンに出向いて結び目を下げなければならない。

 

3、いつかは結んだ自毛が抜けてしまうので、永久的に増毛しないといけない。

 

 

私の結論

 

結局これも一年ほどでやめてしまいました。増毛した髪も、最後は抜け落ちてしまいますので、半永久的に増毛する必要があります。

 

また、最低でも一か月に一度はサロンにいって、人工毛を下げたりする施術費もありますので、費用が掛かりすぎます。

 

自毛が伸びると、髪の毛の途中から3本とかに分かれます。非常に不自然だし、風が吹くと薄いところがわかります。

 

さらにこの増毛方法は、細くなった毛にも結び付けます。髪に負担がかかるようで、抜け毛が増えるようになってしまったのです。

 

 

自分の毛がこれ以上少なくなれば、増毛どころではありせん。見た目を変えることに必死でしたが、自分の毛がさらに抜けるようになるとは思いませんでした。

 

 

お金が贅沢にあるならアリかも・・・

 

『この人工毛はまるで人の毛のように自然なのです。パーマもあてることができ、ムースやジェルでスタイリングもできます。シャンプーさえ丁寧にすれば人工毛が取れることもありません。』

という謳い文句・・・

 

 

実際に見た目の印象が大きく変わり、若返ったようです。周りの人からもお褒めを頂くこともありました。

 

しかし、仕事が忙しくて定期的なメンテナンスに通うことが大変なのです。髪の毛が伸びると人工毛の結び目も上に伸びてきてしまいます。

 

 

 

頭頂部が薄い人は分かると思いますが、一本一本の毛が細いので、そこに増毛しても、つむじは明らかに不自然で、しかもつむじや額の薄くなった所は、いくら増毛しても元々の本数が少ないので、つむじハゲは隠れませんwww

 

この細い髪に増毛したら・・・すぐに抜けますよ!

 

しかも普通の散髪屋で散髪出来ないので、増毛施術をしてくれたサロンに、散髪と人工毛の結び直しに通わなければなりません。

 

毎月数万円の費用がかかるうえに、50キロ離れた都市部のサロンに行くのは結構しんどいかったです。

 

 

次は編み込み式カツラ